外壁塗装で住まいの耐久性アップ~住宅の壁を守ろう~

住宅

業者の査定

室内

どのような業者に依頼するとしても外壁塗装の塗り替えにどのくらいのコストがかかるのか把握することが大切です。そのような時は見積もりを計算してもらうといいでしょう。

もっと読む

塗り替えのタイミング

内観

外壁塗装のタイミングがいつかということを知るためのサインは、大きく分けて四つあります。このうちのどれかに当てはまったら、塗り替えの時期が来ているということなのです

もっと読む

チョークと変色

一軒家

チョーキングが起きたときは塗料の劣化が起こっているときです。劣化を改善するためにも塗り替える必要がありますが、どのような塗料を活用するといいか分からないという時もあるでしょう。そのような時は塗料の種類を把握しましょう。

もっと読む

外壁塗装とは

お知らせ

外壁塗装には、建物の修繕としてのリフォーム、機能アップとしてのリノベーションの二つの種類のものがあると前の記事に書いたところですが、そもそも、外壁塗装というのはどのような役割を持っているものなのでしょうか。「えっ、家の外側を塗るんだから、家をよりキレイにカッコよく見せるためのものじゃないの」と言う人もいるかもしれません。そして、それはその通りです。たしかに、家の外観を見て心地よいものにするというのも、外壁塗装の役割のひとつです。しかしそのほかにも、外壁塗装の果たす役割はあります。それはもっと機能面に目を向けたものです。外壁というものは、建物の肌であり、また盾でもあります。つまり、建物そのものを屋外の雨風や風雪、あるいは紫外線や排気ガスといったものから守るためのものであり、同時に、それらに晒されているものなのです
直立し、何かに晒されつづけるというのに耐えるのには、それなりの年数・期間というものがあります。外壁塗装ということを考えたとき、その耐用年数には10年を規準と見て、「そろそろ塗り替えようか」と考える人が多いようです。しかし、塗料にはさまざまな種類があり、塗料の種類によって耐久性も変わってくるので、実際の耐用年数というものはだいたい、どのような塗料を使うのかにもよりますが5年から15年といったところだと考えられています。また、耐用年数と塗料の関係で言うと、耐久性が高いとうたわれているものが必ずしも長いあいだ耐えることが出来るわけではありません。それは、外壁がどれほどの刺激を受けるのかということで変わってくるものなのです。

Associated Link

  • 資産運用のことを知りたい時には売りアパートの情報も知っておくと便利。アパートを上手に活用して資産を増やしていこう。