外壁塗装で住まいの耐久性アップ~住宅の壁を守ろう~

案内

塗り替えのタイミング

内観

外壁塗装はどのようなタイミングで行なえばいいのだろうか。 ということが問題になってきます。たしかに、塗料の種類ごとに耐久性というのは大体のところが決まっているとされ、それは5年から15年、といったあいだに耐用年数が来てしまうものですが、しかし、その年数よりも早く塗り替えの時期が来てしまう……というのを前の記事に書きました。そうなると、ますます、「何年に一回塗り替えればいいんだな」という規準が曖昧になってゆくことになります。塗り替えるなら下記の項目を一つ満たすときに塗り替えるといいでしょう。それぞれ、「塗装が剥がれていること」、「外壁がヒビ割れていること」、「チョーキングが起きること」、「カビ・藻が発生すること」というものです。分かりやすいところで言えばというか、読んでそのまんまなのは、「塗装が剥がれていること」でしょうか。塗装が剥がれていれば、それは外壁の塗膜表面が劣化していることを意味しています。この劣化の原因として挙げられるのは、さまざまな刺激としての、酸性雨や排気ガス、紫外線などの有害物質です。防音というと、どうしても、建物そのものの問題であって壁の表面には関係ないと思われることが多いのですが、実は塗装によって防音機能を上げる……そのための塗料というのも、さまざまなものが出ているのです。この機能は、アパートなどに多い騒音の問題に対処できるものです。また、建物の機能に関わる塗料としては、防音だけではなく断熱や防露などの機能を持つ塗料もあります。これらの塗料を塗り直すことに使うことは、まさに、建物の機能アップとしてのリノベーションと言えましょう。